包茎の治療法は色々、セルフケアも

包茎は男性にとって非常に苦しい状態です。
病気ではありませんが、陰茎の異臭や病気の原因になります。
また女性から指摘されるリスクが高く、他にも恥垢が溜まりやすく、俗に言うところの早漏の原因にもなり得るのが欠点です。

治す方法は色々とあるようで、軽い包茎の状態であれば自力で治療出来るようですね。
気になっている方はまず自分の包茎具合を確認してみてはいかがでしょうか?
軽い包茎であれば毎晩地道に、自力で包皮を剥くトレーニングを繰り返す事で治療が行えるようです。ただ普通の時に剥くと痛いだけですから、お風呂場などの安全な場所でじっくりと時間をかけて痛みが走らないように実践しなければなりません。

次に履くだけでコンプレックスの治療が出来る下着があります。
専用の器具が下着に付けられており、包皮を常に露出するような形にする事で、自然とコンプレックスが治るという仕組みです。
不快感は若干強めなようですが、効果は高く自力で出来る対策としては上々なようですね。

一方で真正包茎など重度の場合はセルフケアが出来ません。
治療にはプロの技術が不可欠であり、メンズクリニックに出かけて医療的に包皮を切除してもらうのがオススメの方法となります。

包茎の治し方をチェック

包茎というのは亀頭が皮に隠れて見えない状態のことであり、生まれた時は誰でもこのような状態になっています。
普通は成長するごとにペニスも大きくなりますし、皮が少しずつ剥けてくるということです。
包茎には大きく分けて2つの種類があります。
真性包茎は皮の先が狭くて絶対に向けない状態のことです。
この場合はクリニックで手術を受けないと治りません。
無理矢理皮を剥こうとすると皮が亀頭を締め付けてしまい、血行が悪くなってしまいます。
かなり痛みが強くなるため、早めに手術を受けるようにしましょう。
仮性包茎は平常時は皮で隠れていますが、勃起すれば剥けるという状態です。
勃起した時に勝手に剥けなくても手で引っ張ればすぐに剥けることもあります。
実は日本人のほとんどは仮性包茎と言われています。
普段の生活では特に問題はありませんが、早漏やペニスが小さくなる原因になってしまうということです。
また、皮が被っていると垢が溜まりやすくなりますし、臭いの原因にもなってしまいます。
女性からの印象も悪くなりますし、治し方をしっかりチェックしておきましょう。
この状態を治す器具としていちばん有名なのが矯正リングです。
ペニスに嵌めるだけなので誰でも簡単に使用することができます。
また、包皮接着剤は余った皮をくっつけて亀頭を露出させるというものです。